So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ

新人まっすんの商品紹介4 [商品紹介]

こんばんは、まっすんです。
本日の福岡は雨が降りしきりで、少し肌寒い一日となりました。
明日未明には激しい雨に見舞われるとのこと。
気候が安定しない日々が続きますので、皆様体調管理にお気を付けくださいませ。

では、本日のお買い得商品をご紹介いたします。

2018_04_24_1.jpg
中古品
<高橋製作所>タカハシ16cm反射鏡筒
型式:MT160
接眼部は24.5mm仕様
付属品として、6倍30mmファインダー、
鏡筒バンド、24.5センタリングアイピース、キャリーバッグがあります。
また、弊社でメンテナンスを施行して店頭に展示しております。

こちらの商品、元々は¥70,000で販売しておりました。
しかし、出品者との協議の結果、値段を下げる事になりまして、
現在は¥60,000にて販売しております。

また、接眼部が24.5mm仕様ですので、
別売りの<高橋製作所>31.7mm接眼アダプター(¥8,100)を使用出来ます。
是非ご一考くださいませ。

興味を持たれたお客様は、お気軽に当店までご連絡くださいませ。


nice!(0)  コメント(0) 

新人まっすんの商品紹介3 [商品紹介]

こんにちは、まっすんです。
今日の福岡の空は晴れておりますが、山が春霞に覆われています。
星空を望むには今一つなお天気。
しかし、今日も元気に商品紹介をしていきます。


ウェイトバッグ.jpg
ご紹介する商品は「ASTROLABE ウェイトバッグ」
お値段は¥2000、赤道儀を持ってお出かけされる方にぴったりの商品です。


素材2.jpg
素材1.jpg
直径150mmの幅広のバランスウェイトや、
二つ重ねると高さ80mmにもなるバランスウェイトも楽々入れられます。


持ち上げ画像.jpg
取手部分も頑丈に作られています。
バランスウェイト10kgの重量にもしっかり耐え、安全に運搬できます。


架台を経緯台から赤道儀に換えたばかりの方、
重いバランスウェイトの運搬にお困りの方、
このウェイトバッグなら安全に運ぶ事が出来ます。
気になりましたらお気軽に当店までお問合せくださいませ。

nice!(0)  コメント(0) 

タカハシ製品の再塗装承ります!

ご無沙汰しておりますジェイです[サッカー]

今回、お客様のご依頼でタカハシ製品の再塗装を行いました。
これまで純正品のようなハンマートーン塗装は難しかったのですが、塗装屋さんに相談して実現してもらいました[ひらめき]

先ほど完成品が届いたのですが、ほぼ純正品と変わりない仕上がりに出来上がりました[exclamation]

S_7829607106819.jpg
写真左は塗装前、右側が完成品です。中央の小型ウエイトは純正品のサンプルです。

S_7829607038717.jpg
再塗装完成品の表面状態です。ハンマートーン塗装の質感は純正品と比べても遜色がありません。

再塗装完成の品質には必ずご満足いただける仕上がりです[わーい(嬉しい顔)]

費用見積りには現物をお預かりする必要がございますが、ご希望の際はご用命ください!
(新カラーの品を旧カラーにして欲しいというご要望もあったりして…(。-ω-)ボソッ )

天文ハウスTOMITAメンテナンス
http://www.y-tomita.co.jp/u.html

nice!(0)  コメント(0) 

天文台改修 @ 国東市 梅園の里天球館 ~完了編~ [天文台メンテナンス]

こんにちは、な~すけです[晴れ]

前回(2月)の投稿から、
http://y-tomita.blog.so-net.ne.jp/2018-02-01
梅→桃→桜と、あっという間に季節が進み、、
その間改修作業も進み、、
いよいよ今週末、、
リニューアルオープンを迎えます[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

再メッキコーティングを施し輝きを取り戻した65cm主鏡[ぴかぴか(新しい)]
DSCF4193.jpg

老朽化したシステムの入れ替え[ぴかぴか(新しい)]
DSCF4203.jpg

上記に伴う電気系の更新[ぴかぴか(新しい)]
DSCF4482.jpg

新しく同架した太陽望遠鏡の調整[ぴかぴか(新しい)]
IMG_1809.jpg

そのまま残した15cm屈折鏡の調整[ぴかぴか(新しい)]
DSCN1333.jpg

ただ眺める[るんるん]
DSCF4262.jpg

急遽さびついたドームメンテも行うことに[ぴかぴか(新しい)]
DSCF3405.jpg


設置より今年で20年目を迎えること、
ここ数年は担当者不在により休館されていたこと、、
等々から、、
様々なハプニングに見舞われ思うように作業進行できない場面がありましたが、
現場対応という面では大変学ぶことが多かったと感じます。

また、
三鷹光器製の望遠鏡、
アストロドーム製のドーム、
ともに精巧で素晴らしいモノであること、各メーカーの技術力の高さを再認識しました。

今回のリニューアルにてまた輝きを取り戻し、国東半島の星空を堪能させます[ぴかぴか(新しい)]
なお、今後は微調整を行いながら各部のさらなる精度アップをしていく方針です[グッド(上向き矢印)]

梅園の里天文台『天球館』
は、4月21日(土)リニューアルオープン[ぴかぴか(新しい)]
21日(土)、22日(日)はリニューアルイベントが予定されているようです[るんるん]

詳細は、
フェイスブックページにて確認できます[るんるん]
https://www.facebook.com/tenkyukan/






nice!(0)  コメント(0) 

新人まっすんの商品紹介2 [商品紹介]


こんばんは、まっすんです。
本日も勉強のために商品のご紹介をさせていただきます。

セレストロン.jpg
今回ご紹介する商品は、「CELESTRON Omni XLT-AZ80」
上下水平全周微動付き、フリーストップ式経緯台。
付属品として6x30ファインダー、アイピース20mm(45倍)、6.3mm(142倍)、天頂ミラーが付属しております。

TOMITAでは低倍率、中倍率、高倍率で星空をお楽しみいただくために、
アイピース9mm(100倍)を付属セット価格¥35,600で初心者にピッタリのお買い得商品となっております。

この夏は7月31日の火星大接近をはじめとして、木星や土星の観測のチャンスです。
是非ご家族で宇宙を楽しんでみてはいかがでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 

新人まっすんの商品紹介 [商品紹介]

こんにちは、はじめまして。
TOMITA新人のまっすんこと増田と申します。
まだこの業界のことはあまり分かりませんが、
少しずつ知識を身に着けるために、ブログに商品を紹介していこうと思いますっ

私がご紹介するはじめての商品はこちら。

テルラド.jpg
中古品1
<国際光器>
テルラドファインダー(プラカバー付)
¥4,500-
全体がプラスチック製で非常に軽く、
シンプルなデザインで作られています。
レンズを使用していない等倍ファインダーです。


サークルサイト.jpg
電源をONにして覗き込むと赤いサークルが表示されます。


2018_04_18_2.jpg
オプションとして、このような商品もございます。
中古品2
<国際光器>
テルラド・ライザーベース2インチ
¥3,000-


無題2.jpg
上記商品を組み合わせるとこの様になります。
二つの商品はそれぞれ三個限り、早いもの勝ち商品でございます。

気になりましたらお気軽にお問合せくださいませ。





nice!(0)  コメント(0) 

鏡筒オーバーホール ~ペンタックス75EDHF~ [望遠鏡メンテナンス]

ご無沙汰しております。な~すけです[晴れ]

年度末は例年のように各天文台のメンテナンスやリニューアルに追われておりました[あせあせ(飛び散る汗)]
ようやく少し時間に余裕が持てるようになりましたので、
個人のお客様鏡筒メンテナンスを進めております。
お待たせしているお客様、申し訳ございません[あせあせ(飛び散る汗)]


今回、ある公共施設の小型望遠鏡メンテナンスを行いましたのでご紹介いたします。

『ペンタックス75EDHF(Ⅱ)』
DSCF2881.jpg

『MS-3赤道儀』とセットで全5台まとめて実施。写真は内3台。

1980年代に発売。
1990年初めには、SDレンズへと仕様変更(SDHF)されましたが、
コンパクトながら高い写真性能で、撮影鏡として大ヒットしました。
ちょうどハレー彗星回帰の時期とも重なっていたようです。
Ⅰ型とⅡ型では、外観デザインの違いの他にも、
レンズ間隔の取り方に若干の違いがあります。
ちなみに名称の『HF』は、H=ハイスピード F=フラットフィールド
の、頭文字だそうです[わーい(嬉しい顔)]


オーバーホールの様子[ー(長音記号1)]
DSCF2855.jpg

ピント調整部はグリス交換[ー(長音記号1)]
DSCF2873.jpg

対物レンズは点検後、分解清掃[ー(長音記号1)]
DSCF2858.jpg

清掃後の対物レンズ達[ー(長音記号1)]
DSCF2876.jpg

光学系は3群3枚のペッツファールに似た形式。
第一レンズ(ED)、第二レンズの前群と、
距離を置いてフラットナーの役割を持つ第三レンズ。
このマッチングが狂うと星像に大きな影響が出るため、
組み上げ時には最も気を使うところです[あせあせ(飛び散る汗)]

光軸調整後の星像テスト(焦点内像 -3mm)
75EDHF 844 after4.jpg

内像ではキレイな同心円パターンが確認でき研磨状態の良さが伺えます。
現在の設計と比べると、眼視でも色収差や球面収差を感じるのはやむを得ないのですが、
それを帳消しにする魅力(光学設計、工作精度の高さ、堅牢性、ブランドイメージ)は、
ペンタックス製の他の鏡筒・赤道儀にも感じます。


TOMITAの鏡筒オーバーホール作業内容
〇鏡筒内カビ取り洗浄
〇ピント調整部劣化グリス洗浄、およびグリスアップ
〇光学系カビ払拭洗浄
〇光軸調整、星像テスト
〇その他点検

天文ハウスTOMITAでは、
残念ながら無くなってしまったメーカーの望遠鏡メンテナンスや修理を行っております。
しばらく収納してた望遠鏡、カビが発生してしまった、前より見え方が悪くなった等々、、、、
まずは、お気軽にお問合せくださいませ。

     starmail@y-tomita.co.jp   担当 : ナガタ   まで[るんるん]


nice!(0)  コメント(0) 

2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ