So-net無料ブログ作成

ミードRCX接眼部改造 [望遠鏡メンテナンス]

こんばんわ。

今日はミードRCX望遠鏡の接眼部改造をご紹介します。

オール電動式で、天体の自動導入だけでなく、ピント調節も補正板を
モーターで動かして合焦させる望遠鏡です。

しかしオール電動式も正常に動いているならば問題ないのですが
電子基盤の故障により、ピント調節部分が機能しないとなると
使うこともできません。

ピント調節機構が故障すると補正板が正常に動いてくれません。

H24.6.13スターフォレストRCX010.jpg

※補正板がずれてしまい、傾いた状態です。


そこで、TOMITAではRCX望遠鏡が故障しても
鏡筒を継続的にご使用いただくよう改造のお手伝いをしています。


補正板を固定し、接眼部をクレイフォード式に改造しています。

D02.jpg

眼視はもちろん、撮影も大丈夫です。

もしRCXをお持ちでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0