So-net無料ブログ作成

第二回九州大観望会2013(星宴)in星野村 報告。 [観望会・イベント]

こんばんは、山哲です。

今、外は台風24号の接近で強風が吹きまくっています。
夜半には福岡に接近するということです。

台風といえば、昨年の大観望会は台風でした。

今年も台風23号の影響で5日(土)は雨模様でした。
いろんな人から「誰が雨を連れてきたのだー」
といわれましたが、、、、、、。
50数名の方々が雨の中を参加していただきました。
本当にありがとうございました。
皆さんの晴れて欲しいという気持ちが通じたのか、夜半ごろには
雲の間からオリオンやスバル、ぎょしゃ座などが見え始め双眼鏡や望遠鏡で
素晴らしい星空を観ることが出来ました。

_IGP7094.jpg
会場本部の「森の工作館」
_IGP7081.jpg
冨田社長「ヒゲ爺の光軸調整講座」
今年はシラフでお話しすることが出来ました。
_IGP7123.jpg
食事で一杯飲んでいい気分のヒゲ爺です。
_IGP7072.jpg
茨城県から参加した船越さん。
ZEISSのAPQ100/640を持参しての参加です。
さすがZEISS、色収差も無くきれいな星像でした。
実は、船越さんとは私の小学校時代の友達なんです。
彼がいなければ、私はここに存在していなかったかもしれない人物で、
天文に興味を持たせてくれたのが船越さんだったのです。
40数年ぶりの再会でした。

_IGP7068.jpg
K-ASTECの川野氏も参加されていて機材の紹介など注目の的でした。
_IGP7062.jpg
また今回は、ビクセンさん、高橋製作所さんより機材をお借りすることが出来ました。
ビクセンさんからは、展示会などで参考出品される「SD125」この望遠鏡はこの秋発売予定の「短焦点アストログラフVSD100F3.8」の元になった光学系の望遠鏡です。
高橋製作所さんからは3枚玉アポクロマート「TOA130」です。
いやー、切れ味が良い星像ですね。
双眼鏡では、KOWAさんのハイランダーPROMINAR対空双眼鏡、ビクセンさんからは「HF2-BT-ED70S-A]対空双眼鏡、スワロフスキーさんからは「EL10×50SWAROVISION]新製品の「CL・POCKET8×25」
この新製品は意外と星空を観ても視野が広く収差も少なく観やすい双眼鏡でした。
もちろんTOMITAの対空双眼鏡も皆さん方にお目見えでした。
意外と良い評価をいただきました。
ケンコーさんからも、10×50、12×50の出展していただきました。
楽しい双眼鏡の見比べ会でした。
なかなか見る事が出来ない機材が見れて、触れて良い機会だったと思います。
_IGP7146.jpg

TOMITAメンバーの紹介や
_IGP7130.jpg
「春日市天文台・星の館」のボランティアさんのよもやま話、ビクセンから参加された担当営業さん
他いろんな方々の自己紹介なども楽しいお話でした。

また、TOMITAのお客様のご好意で双眼鏡3台のご寄付がありオークションをさせていただきました。
ありがとうございました。
この、売上金は、昨年の北部九州大災害で被害にあった「星のふるさと公園」の天文台「星の文化館」に寄付をさせていただきます。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。
また来年も、この「星のふるさと公園」で行いたいと思いますので、ぜひご参加をお待ちしています。
予定として、9月5~6日、又は19~20日を予定しています。
また、皆さんと楽しい星談義が出来ることを楽しみにしています。


外は台風24号の強風が吹き荒れています。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0