So-net無料ブログ作成

ホワイトバランスとは [カメラ・撮影機材・天体写真]

IMG_3045.jpg
FUJI X-T20 XF18-55(18mm) F/3.6 10"固定 ISO:3200 WB:3000K

IMG_3044.jpg
FUJI X-T20 XF18-55(18mm) F/3.6 10"固定 ISO:3200 WB:4000K

IMG_3046.jpg
FUJI X-T20 XF18-55(18mm) F/3.6 10"固定 ISO:3200 WB:2500K

ホワイトバランス(色温度)のみ変えて撮ってみました!

完全に好みの問題ですが、
私としては3000K(1枚目)が良いかなと。。
実際の空色、星色に近いかなと思います[メール]

すぐ近くの看板照明(ナトリウム灯)の影響で、
普段よく設定する4000K(2枚目)では赤みが強すぎてしまいました[ふらふら]

また、最も低く設定した2500K(3枚目)は、
青みが少し強くなり幻想的な印象が強いでしょうか??
(こちらは女子受けが良いです。。)

天体撮影はマニュアル撮影が基本[exclamation]
設定をいじる箇所が多く大変ですが、、[あせあせ(飛び散る汗)]
カメラ任せのオートでない点は個性の出しどころ[ぴかぴか(新しい)]
特にホワイトバランス(色温度)は、
同じ構図でも作品のイメージ(印象)がガラッと変わる大事なポイント[ひらめき]
奥深く難しいけど興味も深い[グッド(上向き矢印)]
極めたいものです[グッド(上向き矢印)]

ちなみに、、
RAW画像で保存すればあとからじーーっくり調整できます。。

掲載写真は、
先日、『黒川温泉 優彩 そらしるべ天文台』
『ミューロン300鏡筒』メンテナンスの合間に撮ったものです[ぴかぴか(新しい)]
すべてJPG撮って出し!
ブログ掲載用にファイルサイズ縮小!
作品と呼べるような代物ではございません[ダッシュ(走り出すさま)]
あしからずです[るんるん]




nice!(1)